ノロウイルスに下痢止めはNG?原因から正しい対処法を徹底解説

毎年冬に流行するノロウイルスは感染すると嘔吐や下痢、腹痛、発熱、悪寒などの症状があらわれ、特に嘔吐と下痢の症状は重く、非常に苦しい思いをします。

苦しみから逃れるために下痢止めや吐き気止めを服用したくなりますが、実はこういった薬の服用はノロウイルスには逆効果で、症状を悪化させたり長引かせたりする場合があります。

今回はノロウイルスが嘔吐や下痢を引き起こす原因に焦点を当てて、早期回復が見込める正しい対処法をご説明いたします。

ノロウイルスが嘔吐や下痢を引き起こす原因

ノロウイルスは非常に小さく、感染力が強いウイルスで、わずかなノロウイルスでも口に入ると消化器官を通って体内で増殖します。

感染すると24~48時間ほどの潜伏期間を経て発症し、激しい嘔吐や下痢を引き起こしますが、実はこれらのつらい症状は体内に侵入して増殖したウイルスを体外に排除しようとして働く免疫反応です。

ノロウイルスの正しい対処法

現在のところノロウイルスには抗ウイルス薬がないので、嘔吐や下痢などの免疫反応は非常に大切で、これらの免疫反応を妨げる下痢止めや吐き気止めの服用は治療には逆効果となります。

嘔吐や下痢は体内の水分を奪い、脱水症状を引き起こす恐れがありますので、十分に水分補給を行い、ウイルスを体外に排除することで早期回復が見込めます。

水分補給ができないほどの激しい嘔吐が続き、脱水症状を引き起こす恐れがある場合には、下痢止めや吐き気止めを服用したり点滴を受ける必要があります。

発症中の食事は胃腸に刺激を与えないように、脂質が多いものや冷たいものを避け、お粥やうどんなど温かくて消化に良いものを食べるようにしましょう。

栄養素の高い緑黄色野菜を柔らかくしたものやヨーグルトも良いとされていますが、ブロッコリーなど食物繊維が豊富な緑黄色野菜は症状を悪化させることがあるので、注意が必要です。

また、ノロウイルスは発症してから2~3日で症状が治まっていきますが、症状が治まってからも体内にはウイルスが残っており、1~3週間は人に感染させる可能性があるとされています。

周りの人を感染させないように二次感染防止に努めましょう。

  • マスクを着用する。
  • 次亜塩素酸水を使い十分に手を洗う。
  • 糞便を流すときには便座のフタを閉めてから流す。
  • 吐しゃ物がついたものは次亜塩素酸ナトリウムを使ってノロウイルスを失活させる。
  • 他人が口にする食品や調理器具には触れない。

まとめ

ノロウイルスに感染した場合、嘔吐や下痢などの免疫反応により回復に向かうので、基本的に下痢止めや吐き気止めはNGです。

しかし、水分補給ができないほどの激しい嘔吐が続く場合には、脱水症状を引き起こさないように下痢止めや吐き気止めを服用したり点滴を受けるようにしましょう。

また、症状が治まってからも1~3週間は二次感染の防止を徹底しましょう。

ノロウイルスなどの感染症は、思いやりを持って二次感染を防止することが非常に大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする