【ウイイレアプリ】2019からガチャが100myClubコインに

シェアする

モバイル版「Winning Eleven 2018」が、2018年12月に「Winning Eleven 2019」へとアップデートされることが、東京ゲームショウ2018で発表されました。

アップデート内容は、リーグライセンスの追加やライブアップデートの搭載、エナジー制の廃止など、様々なコンテンツが追加・変更されます。

今回はその中でも特に気になる、ウイイレアプリ2019からガチャ(エージェント)が100myClubコインに変更、保有枠の拡大、トレード機能についてご紹介します。

ウイイレアプリ2019からガチャ(エージェント)が100myClubコインに変更

ウイイレアプリ2019では、国籍や所属クラブをテーマにした様々なイベントが開催される予定となっています。

それらのイベントには、参加条件を満たす選手しか出場できないので、対象となる国籍や所属クラブの選手だけでスカッドを組む必要があります。

イベントごとに国籍や所属クラブを統一してスカッドを組むには、沢山の選手を獲得しておく必要があるので、これまで1回250myClubコインだったガチャ(エージェント)が100myClubコインに変更されることになりました。

また、250myClubコインで3人の選手を同時に獲得できるお得なエージェントも登場します。

ガチャが100myClubコインに変更されることで、非課金ユーザーでも国籍や所属クラブをテーマにした様々なイベントに参加しやすくなるでしょう。

ウイイレアプリ2019から保有枠が拡大

これまでのウイイレアプリでは、選手枠とスカウト枠はGPを使用して拡大することができましたが、ウイイレアプリ2019からは選手枠とスカウト枠の拡大システムが廃止され、デフォルトで選手枠500、スカウト枠150となります。

ウイイレアプリ2019から保有枠が拡大される理由としては、国籍や所属クラブをテーマにした様々なイベントが開催される予定となっているからでしょう。

選手枠とスカウト枠の拡大には大量のGPが必要だったので、保有枠の拡大はユーザーには嬉しい変更内容と言えます。

ガチャも100myClubコインに変更されるので、沢山の選手を獲得・保有して、イベントの対象となるスカッドを組みやすくなるでしょう。

ウイイレアプリ2019から好きな選手を獲得できるトレード機能実装

これまでのウイイレアプリでは、同じ選手の使い道として、レベル上限UPさせるためのトレーナー転身が一番有効でしたが、ウイイレアプリ2019からはトレード機能が実装されます。

トレード機能では、同一選手が3人そろうと、同レアリティの好きな選手とのトレードができます。

例えば、レアリティ黒(ブラックボール)のマルセロが3人被った場合、クリスティアーノ・ロナウドとトレードすることができます。

ウイイレアプリ2019では、ガチャ(エージェント)が1回250myClubコインから100myClubコインに変更されるので、選手を獲得数も増え、同じ選手が被ることも多くなると予想されます。

能力値の高い選手や応援しているクラブの選手など、好きな選手を獲得できるトレード機能は十二分に活用するべきでしょう。

まとめ

ウイイレアプリ2019では、国籍や所属クラブをテーマにした様々なイベントが開催される予定となっています。

それらのイベントには、参加条件を満たす選手しか出場できないので、下記のコンテンツが変更・実装されます。

  • 1回250myClubコインだったガチャ(エージェント)が100myClubコインに変更
  • 選手枠とスカウト枠の拡大システムが廃止され、デフォルトで選手枠500、スカウト枠150に変更
  • 同一選手が3人そろうと、同レアリティの好きな選手を獲得できるトレード機能が実装

また、250myClubコインで3人の選手を同時に獲得できるお得なエージェントも登場します。

ウイイレアプリ2018で獲得したmyClubコインは、ウイイレアプリ2019でもそのまま使用できるので、余程魅力的なガチャが来ない限り、2019へのアップデートまでmyClubコインを貯めておいたほうが良いでしょう。