【ウイイレアプリ】1日限定ヨーロッパレジェンドガチャは回すべき?

シェアする

2018/6/15 5:00~2018/6/16 4:59 (UTC)までの1日限定で開催された「European LEGENDS vol.1 + PES Selection」。

今回はEuropean LEGENDS vol.1 + PES Selectionに登場したレジェンド選手とガチャを回すべきかについてご紹介します。

European LEGENDS vol.1の詳細

European LEGENDS vol.1 + PES Selection」では、デイヴィッド・ベッカムやポール・スコールズを始めとするヨーロッパのレジェンド選手16人と18Cシーズンの選手が対象となっています。

開催期間は2018/6/15 5:00~2018/6/16 4:59 (UTC)までの1日限定ガチャです。前日に告知されてこの開催期間の短さは非課金ユーザーには厳しいガチャになりました。

「European LEGENDS vol.1 + PES Selection」はBox Drawではないので、ガチャの排出確率は下記のとおりです。

レアリティ 対象選手数 排出確率
15 3.1
45 45.0
40 51.9

1人1回限定で使用できる「Exclusive European LEGENDS vol.1 + PES Selection」では、”×10″特典で必ずブラックボールの選手を1人は獲得できます。

ヨーロッパレジェンドガチャに登場したレジェンド選手

European LEGENDS vol.1 + PES Selection」に登場したレジェンド選手は下記の16人です。

  • オリヴァー・カーン
  • ケニー・ダルグリッシュ
  • デイヴィッド・ベッカム
  • ケヴィン・キーガン
  • スティーヴン・ジェラード
  • ローター・マテウス
  • ポール・スコールズ
  • イアン・ラッシュ
  • カール・ハインツ・リードレ
  • マイケル・オーウェン
  • スティーヴ・マクマナマン
  • ロビー・ファウラー
  • ノルベルト・ディッケル
  • ヨルグ・ハインリッヒ
  • ラース・リッケン
  • ミヒャエル・ツォルク

過去に登場したレジェンド選手一覧はこちら

【ウイイレアプリ】レジェンド選手一覧と伝説と呼ばれる所以まとめ
【ウイイレアプリ】レジェンド選手一覧と伝説と呼ばれる所以まとめ
Winning Eleven 2018へのアップデート以降、ウイイレアプリでは現役選手の他にも、過去に輝かしい実績を収め、伝説と呼ば...

ポール・スコールズは今回が初登場のレジェンド選手で、ポール・スコールズの詳細は下記のとおりです。

ポール・スコールズ
身長/年齢 170/24
利き足 右足
選手コスト 35
ポジション CMF
能力値
オフェンスセンス 74
ボールコントロール 78
ドリブル 74
グラウンダーパス 81
フライパス 87
決定力 77
プレースキック 70
カーブ 76
ヘディング 72
ディフェンスセンス 61
ボール奪取 65
キック力 89
スピード 71
瞬発力 79
ボディバランス 74
ジャンプ 70
スタミナ 82
GKセンス 40
キャッチング 40
クリアリング 40
コラプシング 40
ディフレクティング 40
逆足頻度 2
逆足精度 3
コンディション安定度 8
ケガ耐性 2
スキル
ヘッダー コントロールカーブ
無回転シュート ヒールトリック
ワンタッチシュート ワンタッチパス
バックスピンロブ ピンポイントクロス
低弾道ロブ 闘争心
プレースタイル
チャンスメイカー
COMプレースタイル
ロングパサー ミドルシューター

ヨーロッパレジェンドガチャは回すべき?

European LEGENDS vol.1 + PES Selection」は前日に告知されて、開催期間は1日限定と短かったので、非課金ユーザーは回したくても回せなかった人が多かったと思います。

しかし、ガチャの内容としては同時に開催されていた国別のBox Drawのほうが良かったので、どうしてもレジェンド選手やクリスティアーノ・ロナウドが欲しい人以外は、そこまで回す必要はなかったでしょう。

課金ユーザーも、”×10″特典で必ずブラックボールの選手を1人は獲得できる1人1回限定の「Exclusive European LEGENDS vol.1 + PES Selection」だけ回す人が多かったでしょう。

また、約半年ぶりにmyClubコインセールも同時に開催されたので、課金ユーザーはこの機会にmyClubコインを購入しておくとお得です。

今回のEuropean LEGENDSに「vol.1」とついているように、今後vol.2、vol.3と開催される予定となっています。