【荒野行動】95式小銃など2018年2月1日アップデート情報

シェアする

2018年2月1日5:00〜7:00のメンテナンスで様々なコンテンツがアップデートされました。

新しい銃「95式小銃」と「Val消音連射狙撃銃」をはじめ、5人乗りの新しい車「セダン」などの新アイテムの実装や設備性能改善、チート対策など、より一層「荒野行動」を楽しむことができるでしょう。

今回はそんな2018年2月1日アップデートで実装された新内容についてご紹介します。

95式小銃

新たしいアサルト小銃「95式」は遠近両用となっていて、ダメージが高く連射速度も速いので抜群の火力を誇ります。

反動も10と小さく、アタッチメント(部品)の戦術銃把と戦術ラスも装着可能となっているので、非常に扱いやすいアサルト小銃となっています。

アサルト小銃の性能一覧はこちら

【荒野行動】アサルト小銃の性能一覧と特徴
【荒野行動】アサルト小銃の性能一覧と特徴
荒野行動の武器には短機関銃や狙撃銃といった銃から、破片手榴弾、圧力鍋蓋まで沢山の種類があり、その性能も様々です。 今回...

Val消音連射狙撃銃

新しい狙撃銃「Val」はダメージが38と非常に低いですが、初めから4×スコープと消音器が装着されています

入手したら即戦力となる狙撃銃なので、序盤から終盤にかけて力を発揮するでしょう。

また、前回実装されたSVDと同様に、Valもセミオート(連射可能)の狙撃銃となっていて、その連射速度はSVDを上回っています。

狙撃銃の性能一覧はこちら

【荒野行動】狙撃銃の性能一覧と特徴
【荒野行動】狙撃銃の性能一覧と特徴
圧倒的なダメージの高さで、遠距離での戦闘で本領を発揮する狙撃銃。 今回は狙撃銃の性能一覧と特徴についてご紹介します。 ...

練習射撃場

練習射撃場では一定距離ごとに的が設置されていて、エイムの練習をすることができます。

銃やアタッチメント(部品)を全て入手することができるので、様々な銃を試して自分に合った扱いやすい武器を見るけることもできます。

練習射撃場にはソロでもチームでも入ることができるので、他のプレイヤーと一緒に楽しく練習するのも良いでしょう。

50vs50

ルームに新しく50vs50モードが2つ実装されました。

  • 守護モード
  • 対決モード

守護モード

5名のプレイヤーは天選者となり、攻撃側が天選者を全て倒した場合、攻撃側の勝利となり、防衛側が守りきれば防衛側の勝利となります。

対決モード

プレイヤーは紅と青の両チームに分かれ、敵を滅した側の勝利となります。

新乗物セダン

新しい乗物「セダン」が実装されました。

セダンは最高時速90kmと速く、5人乗りとなっているので、クインテッドでも全員で乗ることができます。