【荒野行動】近距離や接近戦で有効な狙い方(エイム)

シェアする

荒野行動(Knives Out)には、射撃ボタンが画面の右側と左側に2つあるので、エイムの方法も大きく分けて2つあります。

この2つのエイムは使いどころが全く違うので、今回は近距離や接近戦で有効なエイム(狙い方)についてご紹介します。

エイム(狙い方)の種類

エイム(狙い方)の方法は大きく分けて2種類あります。

  • 画面右側で照準を合わせ、画面左側の射撃ボタンを使用
  • 画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用

それぞれの特徴をご紹介します。

画面右側で照準を合わせ、画面左側の射撃ボタンを使用

荒野行動(Knives Out)内でも「左手射撃と右手エイム設定が最も効率が良い」という言葉が出てきますが、遠距離もしくは中距離から狙撃する場合には、画面右側で照準を合わせ、画面左側の射撃ボタンを使用したほうが効率が良いです。

射撃しながら移動することはできませんが、スコープを使用する際はこちらの方法が特に有効です。

画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用

標準を合わせにくいですが、移動しながら射撃することができるので、相手を追いながら射撃したり、逃げながら射撃することができます。

画面右側の射撃ボタンを押しながらスワイプすることで、連射しながら標準を合わせることもできるので、近距離や接近戦では画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用したほうが有効です。

近距離や接近戦では動いたほうが有利

近距離や接近戦では、相手に照準を合わせられないように動いたほうが有利です。

建物内などで「相手が入ってきたところを狙おう」と待ち伏せする戦い方も有効ですが、画面左側の射撃ボタンを使用していると移動することができないので、一発で仕留めないと返り討ちに合う可能性が高いです。

こういった待ち伏せをする場合も、まずは自分の身を隠し、相手が入ってきたら飛び出して射撃するほうが有効なので、画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用すると良いでしょう。

近距離や接近戦で有効な武器は?

近距離や接近戦では、散弾銃、短機関銃、アサルト小銃が有効なので、自分のスキルに合ったものを選ぶと良いです。

散弾銃は反動が大きく連射速度が遅いので、一発一発に時間がかかりますが、命中範囲が広く近距離では高ダメージなので、当てやすく1~2発程度で相手を倒すことができます。

短機関銃はダメージが低いので、相手を倒すには数発当てる必要がありますが、連射速度が速く反動が小さいので、比較的簡単に連射で相手を追うことができます

連射すると反動(リコイル)で照準が上に上がっていきますが、画面右側の射撃ボタンを押しながら、少しずつ下にスワイプすると照準を安定させることができます

アサルト小銃は短機関銃と比べてダメージが高く射程距離が長いですが、反動が大きいので連射するときに照準を合わせにくいです。

荒野行動(Knives Out)ではパラシュートで着地した瞬間に接近戦になることも多く、武器を選んでいる余裕がない場合もあるので、最初に拾った武器を扱えるように全ての武器を練習しておくと良いでしょう。

中距離で有効な狙い方(エイム)人差し指射撃についてはこちら

【荒野行動】中距離で有効な狙い方(上級エイム)人差し指射撃
【荒野行動】中距離で有効な狙い方(上級エイム)人差し指射撃
荒野行動では、人や状況によって様々なエイムの方法があります。 今回は使っている人と使ってない人では差が出る人差し指射撃...