【HIT】スーパーアーマーとキャンセルで対人戦を攻略!

シェアする

HITの対人戦(PvP)で戦闘力と生存力が自分より高い相手に当たったときに、「絶対に勝てない」「勝てるわけない」と諦めていないでしょうか?

自分が戦闘力3万、生存力5万だった場合、相手が戦闘力4万、生存力6万くらいの格上でも、このくらいの差なら実力で補うことができます。

戦闘力と生存力の合計が30万を超えてくると、5万以上の差があっても上手い人が勝ちます。

HITにはガードや回避、反撃(カウンター)の他にも、スーパーアーマーやキャンセルといったテクニックがあるので、今回は対人戦で格上に勝つために必須とも言えるそれらのテクニックについてご説明します。

格上をテクニックで翻弄したときの快感を是非味わってください。

スーパーアーマーとは?

スーパーアーマーとは、アクションゲームや格闘ゲームでよく用いられる用語で、無敵状態とは異なります。

スーパーアーマーを発動させると、無敵状態ではないのでダメージは受けますが、攻撃されても倒れるなどのリアクションをせずに動作(モーション)が中断されない状態になります。

つまり、HITの対人戦(PvP)で一番厄介だと言っても過言ではない、相手のスキルによる「空中に浮いた状態」「気絶状態」「倒れた状態」が無効になるということです。

スーパーアーマーの発動方法ですが、HITではスキルの使用中と反撃(カウンター)中にスーパーアーマーが作動しています。

基本的には相手がスキルを使った後にスキルを使ったり、反撃(カウンター)すると良いのですが、下記のような注意点があります。

  • 状態異常になる最後の一撃やガード不可のスキルには反撃(カウンター)できない。
  • ヒューゴの大車輪や猪突猛進のように、相手のスキルの発動時間(スーパーアーマー)が長い場合は、後からスキル(スーパーアーマー)を発動しても先にスーパーアーマーが切れてしまうことがある。

対策としては、状態異常になる最後の一撃までガードや回避、反撃(カウンター)で対応してからスキルを使うと良いでしょう。

キキのファイアーボールやサンダーのように初撃で状態異常になるスキルにはガードや反撃(カウンター)はできないので、回避かスキル(スーパーアーマー)で対応しましょう。

キャンセルとは?

キャンセルとは、ストリートファイターやザ・キング・オブ・ファイターズなどの格闘ゲームでお馴染みのテクニックで、動作(モーション)を省略して次の技を出すことです。

HITではスキルを発動することで、下記の動作(モーション)をキャンセルすることができます。

  • 回避後の隙をキャンセル
  • ダウン後の起き上がり動作をキャンセル

この2つをキャンセルできるのとできないのでは、対人戦(PvP)でかなり差が出てきますので、少し詳しくご説明します。

ちなみに通常攻撃のキャンセルも可能ですが、あまり需要がないので割愛します。

回避後の隙をキャンセル

回避は無敵状態で移動ができる素晴らしい技ですが、回避が終わった後に隙が生じてしまうという大きな欠点があります。

回避を連続して使っても、「回避(無敵)→隙→回避(無敵)」となるので、発動時間が長いスキルを躱せなかったり、この隙を狙われたりします。

しかし、回避中にスキルを発動することで、「回避(無敵)→スキル(スーパーアーマー)」というように、回避後の隙をキャンセルすることができます。

相手のスキルを躱すのに有効なテクニックですが、無敵状態からスキルを発動するので、相手に飛び込んで攻撃することもできます。

ダウン後の起き上がり動作をキャンセル

相手にダウン(倒れた状態)させられたら、スキルを発動することで、起き上がり動作をキャンセルすることができます。

タイミングを合わせるのは難しいので、慣れないうちはスキルを連打すると良いでしょう。

押しっぱなしではスキルが発動しないので注意が必要です。

ダウン後の起き上がり動作をキャンセルすることで、相手のコンボをスーパーアーマーで防くだけではなく、攻撃することもできます。

まとめ

対人戦(PvP)では、自分が使用しているキャラクターだけではなく、全てのキャラクターのスキルを理解しておくことが重要になります。

また、相手の使用可能なスキル(クールタイム)を把握すると、行動をある程度読むことができるので、全てのキャラクターのスキルクールタイムも覚えておくと優位に立ち回れます

スキルクールタイムについてはこちら

【HIT】スキルクールタイム一覧
【HIT】スキルクールタイム一覧
スキルは通常攻撃と比べてダメージが大きく、ほとんどのスキルは敵を状態異常にすることができるので、積極的に使用したいものです。 ...

3体目以降のキャラクター作成には通常500ジェム必要ですが、それ以上にジェムを入手することができるので、序盤中盤のうちに全てのキャラクターを作成して、スキルを把握しながらジェムの回収をすると効率が良いです。

相手のスキルを躱すために2つも3つもスキルを使用してしていたら、有効なダメージを与えることができないので、ガードや回避、反撃(カウンター)を上手く活用してスキルを節約しましょう。

また、コンボが決まっているときも確実に仕留めることができない場合は、追撃に全てのスキルを使うのではなく、スーパーアーマー用にスキルを1つ残しておくと逆転されるリスクが減ります。

回避や反撃(カウンター)、キャンセルのタイミングは、対人戦(PvP)の経験を積めば慣れてくるので、積極的に挑戦すると良いでしょう。

シェアする

フォローする