【DBレジェンズ】有利属性を活かすバトルメンバーの選出方法

シェアする

ドラゴンボールレジェンズでは属性相性が非常に重要で、有利属性が不利属性に与えるダメージは1.5倍、不利属性が有利属性に与えるダメージは0.5倍になっています。

特にPvPでは、6体で編成したパーティーの中で、どの属性のキャラクターをバトルメンバーに選出するかで、勝敗は大きく左右されます。

今回はバトルランク50の常識とも言える、有利属性を活かすバトルメンバーの選出方法についてご紹介します。

バトルメンバーの選出を迷ってしまう方やPvPで勝てない方は、この方法を徹底することで確実に勝率を上げることができます。

PvPのパーティー編成は5属性必須

PvPでは、バトルメンバーの属性を同色で染めるより、分散させたほうが相手パーティーの属性に対応しやすいので、5属性(RED・YEL・PUR・GRN・BLU)以上でパーティーを編成します。

5属性(RED・YEL・PUR・GRN・BLU)でパーティーを編成していると、相手パーティーの属性が4属性以下の場合、属性相性で不利になることはありません

パーティー編成のコツはこちら

【DBレジェンズ】パーティー編成のコツ!バトルランク50の常識
【DBレジェンズ】パーティー編成のコツ!バトルランク50の常識
ドラゴンボールレジェンズにおいて、勝敗を大きく左右するパーティー編成。 属性やタグなどによって発動するZアビリティ、バ...

バトルメンバーの選出方法!相手が4属性の場合

相手パーティーが4属性の場合は、絶対に属性相性で不利にならないバトルメンバーの選出方法が4パターン存在します。

例えば、上の画像のように相手パーティーにGRN属性がいない場合、次の表のような属性相性になります。[横(赤)が敵、縦(青)が自分]

BLU・RED・YEL BLU・RED・PUR BLU・YEL・PUR RED・YEL・PUR
GRN・BLU・RED 有利3不利1 有利2不利2 有利2不利2 有利2不利1
GRN・BLU・YEL 有利2不利1 有利3不利2 有利2不利1 有利2不利2
BLU・RED・YEL 有利2不利2 有利2不利2 有利2不利1 有利3不利1
BLU・RED・PUR 有利2不利2 有利2不利2 有利2不利2 有利2不利1
RED・YEL・GRN 有利2不利2 有利2不利3 有利3不利2 有利2不利2
YEL・PUR・BLU 有利1不利2 有利2不利1 有利1不利1 有利2不利2
PUR・GRN・BLU 有利2不利1 有利2不利1 有利1不利2 有利1不利2
PUR・GRN・RED 有利2不利2 有利1不利2 有利2不利3 有利1不利2
YEL・PUR・GRN 有利1不利2 有利2不利2 有利2不利2 有利1不利3
RED・YEL・PUR 有利1不利3 有利1不利2 有利2不利2 有利2不利2

相手が4属性の場合、属性相性で不利にならないバトルメンバーの選出方法は4パターンありますが、特に有効な選択肢は3つです。

覚え方としては、相手パーティーにいない属性(例ではGRN)に対して、有利属性(例ではPUR)を選出しないで、不利属性(例ではBLU)を選出することです。

この選出方法を徹底していると、属性相性で有利な選択肢を3つに絞ることができます。

バトルメンバーの選出方法!相手が3属性の場合

相手パーティーが3属性の場合は、下記の2つのパターンがあります。

  • 3属性が繋がっているパターン
  • 3属性が繋がっていないパターン

どちらにしろ相手パーティーが3属性の場合は、属性相性で有利になるバトルメンバーの選出方法があります。

3属性が繋がっているパターン

上の画像のように相手パーティーが3属性(RED・YEL・PUR)繋がっている場合は、全ての属性に有利属性(BLU・RED・YEL)を選出します。

これだけで属性相性が、有利3不利1になります。

3属性が繋がっていないパターン

上の画像のように相手パーティーが3属性(RED・YEL・GRN)繋がっていない場合は、属性相性で有利になるバトルメンバーの選出方法が2通りあります。

  1. 全ての属性に有利属性(BLU・RED・PUR)を選出する。
  2. 相手の3属性(RED・YEL・GRN)の内、繋がっていない属性(GRN)から繋げて3体(GRN・BLU・RED)選出する。

1の場合、属性相性は有利3不利2になり、2の場合は有利2不利1になります。

どちらの場合も属性相性の差は1つなので、アビリティや所持アーツカードによってバトルメンバーを選出すると良いでしょう。

まとめ

5属性(RED・YEL・PUR・GRN・BLU)でパーティーを編成していると、相手パーティーの属性が4属性以下の場合、属性相性で不利になることはありません。

相手が4属性の場合、相手パーティーにいない属性に対して、有利属性を選出しないで、不利属性を選出すると、属性相性で有利なバトルメンバーを選出することができます。

相手が3属性の場合は、3属性が繋がっているパターンと3属性が繋がっていないパターンがあり、3属性が繋がっているパターンだと、全ての属性に有利属性を選出し、3属性が繋がっていないパターンだと、全ての属性に有利属性を選出するか、相手の3属性の内、繋がっていない属性(GRN)から繋げて3体(GRN・BLU・RED)選出すると、属性相性で有利なバトルメンバーを選出することができます。

相手キャラクターのレアリティやレベル、アビリティなどを参考すると、より有利属性を活かすバトルメンバーの選出ができるでしょう。

ドラゴンボールレジェンズでは、今後も沢山のキャラクターが追加される予定なので、単色パーティーや2色パーティーが流行ることも予測されます。

しかし、単色パーティーや2色パーティーは運要素が強くなるので、5属性(RED・YEL・PUR・GRN・BLU)以上でパーティーを編成したほうが、安定して勝率を上げることができます。